このページの先頭へ戻る

床材の紹介

  • 投稿日:2018年 8月19日
  • テーマ:


こんにちは、カスケホームの妹尾です。

ここ最近は涼しい日が続いていますね。

朝晩は寒いくらいですよね。

皆さん、風邪を引かれないようお気を付け下さい。。


今日は床フローリング材の紹介をしようと思います。

フローリング材は無垢材と複合フローリング材の大きく2つの種類に分類されます。

IMG_4571②.jpg写真の両サイドのフローリング材が複合フローリングで、真ん中の小さなフローリング材が無垢材です。

木材・柄は全てオークという種類の木材です。


では、一体無垢材と複合フローリング材は何が違うのでしょうか?

IMG_4572②.jpg左が無垢材、右が複合フローリング材です。

断面を見ると、どうやら複合フローリング材は横柄が見えますね。

複合フローリング材は、基材と呼ばれる薄い木の板を複数重ね合わせ、

表面に仕上げ材(化粧材)を貼り付けたものです。

なので、断面を見ると、基材を重ね合わせた横柄が見えていました。

表面に貼り付けられる仕上げ材は、木目をプリントしたシート貼りのものや、

本物の木を薄くスライスしたものを貼り付けるものなど、いろいろあります。

対する無垢材は、一枚物の木をフローリングの形に成形したものです。


木材の種類にもよるので、一概には言えませんが、

複合フローリング材よりも無垢材の方がお値段は高めなことが多いです。


各フローリング材のメリットデメリットのお話は、また来週あたりにお話できればと思います。

楽しみにしていて下さい!
記事の一覧に戻る

はじめに
はじめに
  • 最新イベント
  • 住まいのイメージを具体化するモデルハウス
  • プロが診断する住宅診断