玉野市F様邸リノベーション事例

幸福の青い鳥のいる広々LDK


20200619_F03.jpg

「暗く狭かった部屋が、日光の行き届く明るい広いLDKになりました。おうちに友達を呼ぶ回数も多くなりました。みんな褒めてくれますし、何より、自慢の部屋になったことが嬉しいです!」とF様。
ステンドガラス、トールペイント、油絵など、多才な趣味を持たれていた奥様。キッチンのペンダントライトや建具にも活かされ、素敵な空間になりました。

施工概要

工費:約1100万円
施工箇所:LDK、トイレ、洗面、浴室
施工面積:69.32㎡
工事期間:約3ヵ月
築年数:40年

【before】
キッチンと和室の暗さ、洋室が物置状態になっているのが気になられていたF様。また、お孫さんが遊びに来た際に見守れる間取りをご要望でした。そこで、北側まで日光が届くよう間仕切り壁を取り払い、南北に抜けるLDKをご提案。また、水まわりスペースのレイアウトを変更し、現在のライフスタイルに合わせた間取りとなりました。

施工前

20200619_F09.jpg 20200619_F10.jpg

南東にあった洋室。日当たりは良い部屋でしたが
物置になっていました。日光が入ってくる空間が
有効活用されていない状態でした

北側のキッチンスペース。こちらも日の入りにくい空間でした。壁付キッチンだったため、お孫さんが隣接する和室で遊んでいる時は、料理はおろかお茶を入れることも不安で出来なかったそうです

施工後

20200619_F11.jpg
北側まで日光が届くように間仕切壁をすべて取り払い広いLDKを実現。間仕切り壁のないLDKにすることで部屋全体が見渡せる間取りになっています。ほとんど死角がないので、お孫さんが畳スペースにいても、安心してキッチンで作業していただけます
20200619_F04.jpg 20200619_F06.jpg
ワークスペースのひろいキッチン。水色の壁紙が印象的 奥行きの広くなったトイレ。照明は奥様手作り
20200619_F01.jpgのサムネイル画像 20200619_F02.jpg
お孫さんが「腰を掛けて絵本が読めるよう、小上がりの畳スペースがほしい」という奥様の夢が実現しました 開放感のあるダイニング・キッチンスペース。たくさんのお客様が来られても、みんなで食事ができるようになっています
20200619_F05.jpgのサムネイル画像 20200619_F07.jpg
解体時に抜けなかった柱を木に見立てて、装飾を配置。アクセントの幸運の青い鳥は、もちろん奥様の作品です 建具にも奥様手作りのステンドグラス。建具はF様ご夫婦の将来と、まだ小さなお孫さんの使い勝手を考え、すべて片引き戸に変更しました

はじめに
  • 最新イベント
  • 住まいのイメージを具体化するモデルハウス
  • プロが診断する住宅診断