このページの先頭へ戻る

いろいろな図面②

  • 投稿日:2020年 6月29日
  • テーマ:その他


こんにちは、a.n.d. designの妹尾です。
今週は天気のいい日が続いていましたが、
来週は梅雨らしく少し雨の日が多くなるみたいですね。

さて、今回も先週に引き続き
いろいろな図面の紹介をしていきます。

今日の一つ目は断面図です。
断面詳細図.JPG
この図面は名前の通り、お家を切った断面を描いた図面です。
この図面では
 ・壁の中の構造を記載
  (構造材の大きさや断熱材の種類や厚みなど)
 ・壁の仕上げを記載
  (サイディング仕上げ、ビニールクロス仕上げなど)
などを記載します。
また断面図は、記載して工事図面として使用するだけでなく
きちんと計画通り工事できるか
検討するために使用されることもあります。
例えば、
 ・梁や天井の高さなどを検討
  (梁を見せるか、見せないかなど)
 ・大きさが決まっている既製品が
  きちんと納めることができるかなどを検討
  (お風呂やドア)
などを検討することが多いです。
先日はリノベーションの物件で既存の梁の高さが低く、
きちんとユニットバスが据え付けられるかを検討しました。
こういった検討が事前きちんとにできていないと、
工事をしてみると納まらない!どうしよう!
ということになってしまいます...
なので、この断面図も設計目線でいうと
かなり重要な図面の一つです。
(と言っても、どの図面も重要なんですけどね。笑)

続いては、家具図面です。
キャプチャ2.JPG
これは机の図面なのですが、
左下の図面をみていただくとなんとなく
イメージができると思います。
設計図ではいろいろな角度から見た図面が記載されるので、
パッとみると、少し難しい図面に見えるかもしれません。
家具図.JPG
この家具図は本棚の図面です。
この本棚は私の部屋に置こうと思って考えたんですが、
考え切れておらず、まだ発注まで至っていません...
これもそろそろ考えないと...笑

今日は断面図と家具図を紹介しました。
だんだん紹介する図面が少なくなってきましたが、
また紹介しますので、楽しみにしておいて下さい!

記事の一覧に戻る







はじめに
  • 最新イベント
  • 住まいのイメージを具体化するモデルハウス
  • プロが診断する住宅診断